WP Super Cacheの性能と威力比較

WP Super Cacheの性能と威力比較

WP Super CacheとNginxは相性がいい

Cacheは静的HTMLを出力するもの

Cacheというのは、通常はリクエストを受けるたびにPHPが動いてページを表示するのですが、その何度も同じ動きをして、同じHTMLページを作り出すという無駄を減らすために使われる機能です。

WordPressでは特にキャッシュが大切で、高速表示のためにはブラウザキャッシュやサーバーキャッシュを用いて、毎回同じになる処理をルーチンワークのようにして高速化するものです。

WP Super CacheはApacheよりNginxと相性が良いため、Wordpressを動かしているのがNginxであってもしっかり動いてくれます。Apacheでも動きはしますが、高速化できるNginxでも使えるというのが人気で、とりあえずのキャッシュ生成に使われることもあるプラグインです。

時間を待つか、サーバー側での反映を待てばキャッシュのようなものは蓄積されますが、最初から自身でキャッシュを作っておけば、サーバー側での余計な挙動が減り、少しでも高速表示ができるようになります

高速化や安定表示に必須な機能

WP Super CacheはWordpressを少しでも早く表示するために便利ですが、できることとできないことがあり、WP Total Cacheのときと同じようにWP Fastest Cacheの方が網羅性で言えば優秀です。

キャッシュと固定ページのキャッシュや圧縮などの機能はありますが、それならWP Fastest Cacheを使ったほうが機能が多くて、結果的に使い勝手も良くなります。

ほとんど読まれない上に、写真などがあまり入らない固定ページを圧縮したり、キャッシュしたりしても仕方がないですが、店舗向け、企業のコーポレートサイト向けと考えるとちょうどよいでしょう。

このWP Super Cacheは個人ブログよりは、企業の公式サイトのように比較的シンプルなサイト向けだと考えたほうがよいでしょう。

WordPress運営元に近い会社のプラグイン

このWP Super CacheというプラグインはAutomatticというWordpressのプラグイン・テーマ開発をよくやっている会社も制作に関わっているため、動作には特に問題はありません。

評価もそこそこ高く、多くの人が使っているので、なにかトラブルが合ってもトラブル対策がしやすいです。AutomatticはWordpress.comの提供運営元で、インストール型のWordpressでもこのAutomatticという会社は非常に大切な存在です。

よって、そもそもWordpressに適した、まるでWordpress公式のプラグインとも言えるようなもので、機能も十分あり、互換性や相性、機能面も安心です。

運営元のAutomatticがすべて制作したわけではなく、Donncha Ó Caoimh氏やBrandon Kraft氏も開発に貢献しています。

WP Super Cacheはシンプルに設定できるキャッシュプラグイン

シンプルすぎて機能が足りないかも

WP Super Cacheには、必要最低限の機能しかないので、SEOやモバイルユーザビリティの条件、AMP条件を満たすほどの機能はなく、ガチ勢には物足りない可能性があります。

キャッシュといっても一部だけしか保持されないことと、CDN設定ができることがあるくらいで、結局CDNは日本国内向けにのみコンテンツを書いている場合はそれほどメリットはないです。

グローバルなサイト運営をしている方は、CDNもしっかりしたものを選ぶことになり、AWSなどを導入する場合はもっと効果的な速度改善方法があるので、WP Super Cacheに頼る必要がありません

サーバー・ブラウザキャッシュは対応してない

このWP Super Cacheでは、固定ページには対応していますが、それ以外のサーバーキャッシュやブラウザキャッシュはサポートされていません。

個別に設定できるならば問題ないですが、それならばWP Super Cacheでなくても問題なく、WP Fastest Cacheひとつ入れておけば圧縮までまとめてさくっと設定できます

WP Super Cacheでもできないことはないですが、結局複数のプラグインを入れて動かす場合には重くなってしまいますので、できるだけ上位互換できるプラグインを探して表示速度改善を心がけましょう

細かく設定したいならWP Fastest Cacheが便利

WP Super CacheもWP Total Cacheと同じように主にキャッシュのみを生成するためのプラグインでHTML圧縮やCSS圧縮までは十分に対応できているとは言えません。全てにおいて対応できるものといえばWP Fastest Cache Premiumです。

数年前はWP Fastest Cacheも機能が少なかったのですが、近年になってCSS、HTML圧縮やレンダリングを阻害する要素の除外などさまざまな機能が追加されています。

簡易的なLazy Loadも入っているため、別途Lazy Load系のプラグインを入れなくても十分な速度を保てます。

また、WP Super Cacheよりも細かくキャッシュの有無、HTML・CSS圧縮具合を設定したい場合はWP Fastest Cacheの方が便利で、日本語にも対応しているため、初心者でも専門用語を調べながら設定すれば導入は簡単です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA