WP Fastest Cache Premiumの性能と威力比較

WP Fastest Cache Premiumの性能と威力比較

結論:入れなくても速くできる

HTML・CSS・Javascript圧縮は他で代用できる

WordPressの高速化に必要なHTML、CSS、Javascriptの圧縮はWP Fastest Cache Premiumを入れるとかなりしっかりと圧縮してくれますが、圧縮のし過ぎで動作がおかしくなったり、上位表示するのに必要なコードが省略されたりして不利になることもあります。

しかし、WP Fastest Cache Premiumでの圧縮では圧縮するレベルをある程度調整でき、それぞれのサイトに合わせた状態にできますので、基本的には高速化ができるプラグインです。

テーマによっては相性が悪い場合もありますが、高速化のできているLuxeritasテーマでWP Fastest Cache Premiumを使用しても表示は正常で、速度が極端に遅くなったり、PWAが動かなくなったりするようなこともありません

高速化機能としてはLuxeritasなどのデフォルト機能とかぶる部分もありますが、WP Fastest Cache Premiumは入れておいて損はないです。ただし、ある程度設定できる人はわざわざ約5000円支払ってWP Fastest Cache Premiumを入れなくても設定できます。

Gzip圧縮やブラウザキャッシュは.htaccessで対処できる

Gzip圧縮とブラウザキャッシュに関しては以下のようなコードをHTACCESSに入れれば対応できます。(参考:Luxeritasテーマ)

# ETags(Configure entity tags) を無視する設定
<ifModule mod_headers.c>
        Header unset ETag
</ifModule>
FileETag None

# Enable Keep-Alive を設定
<IfModule mod_headers.c>
        Header set Connection keep-alive
</IfModule>

# MIME Type 追加
<IfModule mime_module>
        AddType text/cache-manifest .appcache
        AddType image/x-icon .ico
        AddType image/svg+xml .svg
        AddType application/x-font-ttf .ttf
        AddType application/x-font-woff .woff
        AddType application/x-font-woff2 .woff2
        AddType application/x-font-opentype .otf
        AddType application/vnd.ms-fontobject .eot
</IfModule>

# プロクシキャッシュの設定 (画像とフォントをキャッシュ)
<IfModule mod_headers.c>
        <FilesMatch ""\.(ico|jpe?g|png|gif|svg|swf|pdf|ttf|woff|woff2|otf|eot)$"">
                Header set Cache-Control ""max-age=604800, public""
        </FilesMatch>
        # プロキシサーバーが間違ったコンテンツを配布しないようにする
        Header append Vary Accept-Encoding env=!dont-vary
</IfModule>

# ブラウザキャッシュの設定
<IfModule mod_headers.c>
<ifModule mod_expires.c>
        ExpiresActive On

        # キャッシュ初期化 (1秒に設定)
        ExpiresDefault ""access plus 1 seconds""

        # MIME Type ごとの設定
        ExpiresByType text/css ""access plus 1 weeks""
        ExpiresByType text/js ""access plus 1 weeks""
        ExpiresByType text/javascript ""access plus 1 weeks""
        ExpiresByType image/gif ""access plus 1 weeks""
        ExpiresByType image/jpeg ""access plus 1 weeks""
        ExpiresByType image/png ""access plus 1 weeks""
        ExpiresByType image/svg+xml ""access plus 1 year""
        ExpiresByType application/pdf ""access plus 1 weeks""
        ExpiresByType application/javascript ""access plus 1 weeks""
        ExpiresByType application/x-javascript ""access plus 1 weeks""
        ExpiresByType application/x-shockwave-flash ""access plus 1 weeks""
        ExpiresByType application/x-font-ttf ""access plus 1 year""
        ExpiresByType application/x-font-woff ""access plus 1 year""
        ExpiresByType application/x-font-woff2 ""access plus 1 year""
        ExpiresByType application/x-font-opentype ""access plus 1 year""
        ExpiresByType application/vnd.ms-fontobject ""access plus 1 year""
</IfModule>
</IfModule>

# Gzip圧縮の設定
<IfModule mod_deflate.c>
        SetOutputFilter DEFLATE

        # 古いブラウザでは無効
        BrowserMatch ^Mozilla/4\.0[678] no-gzip
        BrowserMatch ^Mozilla/4 gzip-only-text/html
        BrowserMatch \bMSIE\s(7|8) !no-gzip !gzip-only-text/html

        # 画像など圧縮済みのコンテンツは再圧縮しない
        SetEnvIfNoCase Request_URI \.(?:gif|jpe?g|png|ico|eot|woff|woff2)$ no-gzip dont-vary

        AddOutputFilterByType DEFLATE text/plain
        AddOutputFilterByType DEFLATE text/html
        AddOutputFilterByType DEFLATE text/xml
        AddOutputFilterByType DEFLATE text/css
        AddOutputFilterByType DEFLATE text/js
        AddOutputFilterByType DEFLATE image/svg+xml
        AddOutputFilterByType DEFLATE application/xml
        AddOutputFilterByType DEFLATE application/xhtml+xml
        AddOutputFilterByType DEFLATE application/rss+xml
        AddOutputFilterByType DEFLATE application/atom_xml
        AddOutputFilterByType DEFLATE application/javascript
        AddOutputFilterByType DEFLATE application/x-javascript
        AddOutputFilterByType DEFLATE application/x-httpd-php
        AddOutputFilterByType DEFLATE application/x-font-ttf
        #AddOutputFilterByType DEFLATE application/x-font-woff
        #AddOutputFilterByType DEFLATE application/x-font-woff2
        AddOutputFilterByType DEFLATE application/x-font-opentype
        #AddOutputFilterByType DEFLATE application/vnd.ms-fontobject
</IfModule>

このコードをそのままHTACCESSに追加で書き込めばGzip圧縮とブラウザキャッシュは設定できるため、わざわざ有料のWP Fastest Cache Premiumを使わなくても良いです。

無料版のWP Fastest Cacheだけでも十分機能してくれます。

CDNやCloudflareは申し込めばOK

CDNやCloudflareなどは申込みをすれば適用されますが、料金がいくらかかってしまうため、初心者ブロガーや日本国内しかターゲットしてないブログでは導入しなくても良いでしょう。

世界規模でWordpressサイトを運用したい場合にはCDNを使っていないと海外からのアクセスをしてきた人は重すぎて、表示が遅すぎて不満に思ってしまうはずです。

CDNは10TBまでの料金は平均すると1GBあたり15円ほどで思っているよりもかなり低コストでCDNを導入できます。IDCFやGCPは1GB9円ほどですが、AWSは1GBあたり14円~17円程度(為替相場により変動)で結局安さはほとんど変わりません。

データ転送量に影響されるため、100GBの転送量があれば100倍の1500円、1000GBの転送量があれば15000円かかる計算ですが、表示速度が遅すぎてサービスを提供できないよりはマシです。

1記事あたりのデータ容量はせいぜい3MBから5MB程度ですので、そうそう料金がかかりすぎて困るという事態にはなりません。

テーマをLuxeritasにすれば速度は十分になる

Luxeritasにすればいくつかのプラグインは不要に

WP Fastest Cache Premiumを導入する前に検討してほしいのはテーマの変更です。Luxeritasという無料のテーマに変更すると、ページの表示速度は爆速になりGTMetrixもPageSpeedInsightsもほぼフルスコアで評価されるようになります。

デザインは各自自由に変えてカスタマイズすればよいだけですので、無料でできる範囲で一番高速表示できるものはLuxeritasと断言しても良いでしょう。カスタマイズに少し時間はかかりますが、一度やり方が分かればあとはいくつサイトを作ったとしてもすぐに設定できるようになります。

Cacheプラグインを入れなくても早くなる

Luxeritasを入れた場合はSuperPWAのようなプラグインや上に戻るボタンを表示するプラグイン、Table of Contents関係の目次プラグインは必要なくなるので、その分高速表示できるようになります。

Luxeritasに付属の吹き出し機能がありますので、外部のプラグインWP Speech Baloonを使わなくても会話風の記事を作れます。

Cacheプラグインを入れなくてもLuxeritasは高速で動いてくれますので、WP Fastest Cache Premiumを入れようか悩んでいる方は、まずはテーマ変更を先に考え、できれば試験的にテーマを使ってみてから考えた方が良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA