サイトの早さを測定できる無料ツールをまとめて紹介

サイトの早さを測定できる無料ツールをまとめて紹介

ワードプレスサイトの表示速度は無料ツールで測定可能

Chrome拡張機能Lightspeedが便利

ウェブサイトの表示速度を測定する際にはLightspeedというGoogleChrome拡張があれば、かんたんな指標自体はすぐに確認できます。

網羅的に複数のデータを出してくれるので分かりやすく、すでにだいたいの速度を把握できている場合には、新しい記事を書いたり、ページ内容を更新したりした時に、Lightspeedでサクッと測定すれば前回との差もすぐに確認できます。

複数の測定ページを開いて一つ一つ分析するよりも作業が1つで済むため効率がよく、スクショすれば依頼者やクライアントのウェブページ測定も伝えやすいため、ウェブ担当者やウェブマスターもよく利用しています。

GoogleChrome拡張機能なため、スマホでは使いにくく、パソコン、かつ、GoogleChromeブラウザがないといけないという制約がありますが、利便性が高いのは間違いありません。

GTMetrixが細かく分析できて便利

無料で使える速度測定、読み込み処理の測定ができるGTMetrixは海外でも国内でもよく利用されています。Google提供のPageSpeedInsightsよりも細かくどこがよくてどこがダメなのかはっきり表示してくれます。

評価項目は海外らしくA~Fまでのアルファベットランクで、Fランク、Eランクはできるだけ減らして、せめてA~Cランクにおさまるようにすると良いでしょう。

このGTMetrixの指標だけを過信できるわけではないですが、どこにサイトの欠点があるのか見つけられるので、Wordpressであればプラグインやテーマのどこを改善すればよいかを見つけるのを助けてくれます。

また、広告の設置枚数などを決める時にもこの表示速度測定が重要で、広告の貼りすぎでページが重くなっているような場合には広告の種類やサイズを工夫して、収益と視認性、表示速度、サイトの利便性を同時に最適化できるでしょう。

PageSpeedInsightsも指標の一つに

PageSpeedInsightsは、Google提供の表示速度測定ツールで、0から100までの数字のスコアで、そのページがどれくらい早く表示されるのかを判定してくれます。

できるだけ100に近いスコアを出すのが理想ですが、最低限80以上のスコアが出せれば問題はありません。

PageSpeedInsightsは、人によってはあまり当てにならないと言っていますが、確かに測定で確かめられる指標は一部だけなので、CDNの有無、キャッシュ前後のスピード、ブラウザキャッシュやその他の速度改善策まで最適化できているか判断できるわけではありません。

またパソコン、モバイルでどこまで区別して測定しているのかはっきりしないため、あくまで数値の高いスコアを目指してみて、100に近い数値が出たら、とりあえず問題なしと思っていると良いでしょう。

速度を測定する時に意識すべきこと

速度だけが全てではない

ウェブページの評価は表示速度だけが影響するわけではありません。あまりにも遅く、サーバーからの応答が30秒以上もかかるようだと、GoogleChromeでは表示できないという警告が出たりしますが、ユーザーのインターネット回線やWi-Fiの速度制限にも影響を受けるため、体感速度が重要になるわけではない場合もあります

最低限サーバーの応答速度、ブラウザでの読み込みの軽さが大切で、シンプルに、サクッとページの内容を表示できないといけません。デザイン重視でWebGLをバンバン使用する場合も、重すぎたり、レスポンシブに対応できていなかったりすると意味がありません

デザイン重視にする場合は、最低限速度をギリギリ維持しつつも、ユーザーにとって見やすいページにしないとどれだけかっこつけたサイトにしても意味がありません。

ネット回線の状況によっても変化するもの

ページの表示速度はいくらサーバー側で努力しても、ユーザー側がポケットWi-Fiなどで速度制限になっていると表示が早くできません。また、ユーザーが古いブラウザを使用していて、パソコン本体も10年近く前のものだと、ページのデザインが崩れて表示されないこともあります。

そういった場合にまで備えることはできませんが、基本的にはネット回線の速さを少し気にして対策を取ることはできます。特にインターネットが混雑する夕方7時から11時の間に速度を測定して、そのタイミングで最速表示できる場合は、朝型や深夜、日中はもっと早く表示できるはずです。

WordPressでページを1秒から3秒で表示させられれば十分速いですが、真剣に取り組んでいるところは1秒未満を目指してテーマやプラグインの変更などでどんどん工夫をしていっています。

ページ崩れやデザイン崩れで見にくければマイナスに

どれだけページの表示速度が早くても、ページ崩れやデザイン崩れが起きていると、そのページの評価は下がります。評価がマイナスになってしまっては意味がありませんのでレスポンシブ対応できているかどうか、本当にさまざまな端末できれいにページが表示されているかどうかよく工夫する必要があります。

速度測定ツールを活用しながら、少しでも理想の状態に近いサイト運営ができるよう、じっくり時間と手間をかけて検討し、どうしようもないときにはプロに相談して迅速に解決しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA