Ubersuggestの全て|使い方・データの見方・仕組み

Ubersuggestの全て|使い方・データの見方・仕組み

UberSuggestは他のサイトのキーワードを見れる

競合調査やキーワード調査に使うサービス

UberSuggestと呼ばれる他社サイトのキーワード調査ができるサービスはアフィリエイターやブロガーの間で一部人気がありますが、速度測定に使用できるわけではありません。

このUberSuggestというサービスを無料で提供しているNeilPatelという人物とサイトはSEO界隈の中ではそこそこ知名度はありますが、そのサービスの仕組みをよく見るとはっきりと良いサービスだとはいい切れません

競合、ライバルのサイトを分析する際には役立ちますが、その分析の仕方によっては個人情報やリファラースパムと同じような挙動を取ることになる上に、不正にreCAPTCHAを操作しているような挙動もサービス内で見られるため、むやみに使用しないほうが良い可能性まであります。

reCAPTCHAはただの認証ツールですが、それを活用するとBotと同じような挙動をあなたのアクセス履歴を元に認証したことにもなるので、不正利用や不正アクセスに悪用される可能性があることも知っていないといけません。

サイトのURLからメインキーワードが分かる

UberSuggestもサイトのURLさえ分かればキーワードを分析できます。メインのキーワードと上位いくつかのキーワードは無料でも分析できます。

どんなキーワードを狙っているのか把握できれば、コンテンツとしてはSEOで狙えていないロングテールの部分やその競合サイトが抑えていない部分から参戦していき、少しずつ地位を確立するようなやり方も実現できます。

また、競合が狙っているキーワードに堂々と割り込みを掛けていってコンテンツを充実させる際にも活用できます。

SEOや上位表示以外の目的では、個人ブログや政治関係のウェブサイトに対して攻撃を仕掛ける時の情報収集にも活用できるため、使い方を工夫するとかなり悪質なことにも使用できてしまいます

検索ボリュームやそのサイトの特徴も見れる

その競合サイトやUberSuggestで見たサイトの検索ボリュームや、サイトの特徴も把握することができます。

サイト管理者としてはGoogleAnalyticsを使用しているだけで知られたくない情報もあるかもしれませんが、アナリティクスタグをリファラースパムがやっているように悪質に、許可なく使用してアナリティクスをのぞき見ている状態なのがUberSuggestです。

ブロガーやアフィリエイターがこのサービスを勧めている場合がありますが、見られたくないものを盗み見るという点においては不正アクセスです。

特に、アナリティクスの情報は、大勢の個人情報を収集して解析した結果できあがっているものでもあり、検索キーワードやそのボリュームについては悪用するのは絶対に避けなければいけないことです。

キーワードはリファラースパムと同じ手法を利用

UA-*****-1などを利用してアクセスやKWを特定している

リファラースパムとはサイト管理者に不正なサイトを見せるために、不審なサイトから攻撃目的のサイトにアクセスする行動、また、その攻撃手法で、GoogleAnalyticsのレポートを見ると存在しないはずのページへのアクセスをしているように見せかけて不審がらせて、危険なサイトに誘導したり、Analyticsデータを盗み見るためにアクセス解析タグのプロパティを分けるような数字付きのコードUA-******-1などのような形でランダム、かつ、大量にアクセスしてきます。

サイト管理者で設定していないUA-******-1を複数大量に自動で作って解析を行うのがUberSuggestで、Analyticsレポートの乗っ取りや情報詐取に近い事をやっていると考えて間違いないでしょう。

他社のサイトの分析ではなく、個人情報が集まっているアナリティクスの情報を盗み見ようとする行為なため、運営しているサイトによっては情報が盗まれてしまう可能性もあり、非常に悪質ながらも、一部のブロガーが広めたために大勢が知らずに使ってしまっている状況に陥っています。

使っても公言しない方がいいかも

このUberSuggestを使用しても罪に問われる事はないですが、知らずにやっていると情報を盗んでいるのと同じですので、SNS上で公言するのは辞めたほうが良いです。

一部の正しい感覚があるブロガーやアフィリエイターは、こうした他のサイトのキーワードやアナリティクスを覗けてしまうことに不信感も持っているため、避けるのが一番です。

確実にアナリティクスを見せないためにはUberSuggestがアクセスしてくる時に使う「app.neilpatel.com」をリファラースパムと同じように除外し、アクセスしてこれないようにブロックするとUberSuggest経由でサイトを覗きに来られてもデータを見せないようにできるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA