これが決定版じゃね!?とってもお手軽WordPressレンタルサーバー

WordPressに特化したレンタルサーバー:JETBOYとは

WordPressなど、個人でWebメディアを使いたい時に必要なのがサーバーです。

昨今では、いちばん使われているであろう、WordPressに特化したレンタルサーバーがあるのを ご存知ですか?

基本的にサーバーの良し悪しをどこで考えるか!?

人によってまちまちだと思いますが、なんと言ってもまずはランニングコスト。費用じゃないでしょうか?

今回オススメするJETBOYはとにかく安いです!

価格817円〜(年間一括の場合)と業界の中でもかなり安値を実現しています。

月額契約の場合でも900円〜/月です。でも安い、安い、

大手のXサーバーだと3年契約してやっと900円/月ですからね。

初期費用(1500円〜)も無料にできる方法があります。

それは、年一括登録にすれば初期費用が無料になります。

特徴

JETBOYのサイトより

  • すべてのプランで独自ドメインが無制限
  • お申し込みの流れの前に2週間の無料トライアル
  • 高いパフォーマンスを発揮する 24コアCPU、 大容量メモリ最大128GB を搭載した高品質ハイスペックサーバーを採用
  • サーバー1台あたりのユーザーは最適な人数に設定

要は、サーバーって何人かで共有して使ってます、そうじゃないとすごい高い価格になっちゃいます。

ただ、安いけどその分有限の容量をみんなで使っているので、 使う人が多くなれば取り分が減ってしまい、遅くなるのです。

それを最適な人数に限定し、ストレスなく使用できるようにコントロールしてくれているのです。

WordPressに特化したサーバー設計で、めんどくさい作業から解放されます。

助かるサポートの充実

  • 24時間365日サポート
  • 乗り換えの移動作業もサポート、難しいサーバー移動作業なども無料で代行

これはありがたいですよね!!

各プランの違いは何か?

4つのプラン(ミニSSD、ファーストSSD、スタンダードSSD、プレミアムSSD)があり、その違いはたったの3つ!?

  1. MySQLの数の違い
  2. ディスク容量の違い
  3. 価格について

MySQLとは?

MySQLとは、世界でもっとも利用されている「データベース管理システム」です。

大容量のデータに対しても高速で動作し、便利な機能がたくさんあり、どんどんと実用性が高くなっています。

このJETBOYでは、4つのプランにより、数量が違います。

では数量の違いは何があるのでしょうか?

MySQLは、「1つのWordPressサイトにつき、1つのデータベースを使う」という形がベストです。

複数のサイトを運営したい場合は、この数量が多い方がよいです。

JETBOYでは、10個、20個、40個、60個のプランがあります。まぁ個人の方はとりあえず、ミニSSDプランで良いのではないでしょうか!?と私個人的には思いますが、、

ディスク容量の違い

ディスク容量については、こちらのページに詳しく書いてありました。

レンタルサーバーで必要なディスク容量は?

  • 文字中心のページ(1ページ50KBとして) = 約20,000ページ
  • 比較的高画質な画像を5枚程度掲載したページ(1ページ1MBとして) = 約1,000ページ
  • 約50ページの製品マニュアルのPDF(1つ5MBとして) = 約200個

なんだそうです。

1GBでもけっこう行けますよね。。

価格の違い

価格は年払いと月払いで若干異なります。 年間一括払いのほうが安いです。

安い・・・ミニSSD<ファーストSSD<スタンダードSSD<プレミアムSSD・・・高い

下記に価格表があるので参照下さい。

出典:JETBOYのサイト

こうしてみると、個人の方であれば、ミニSSDでも十分のような気もしてきます。価格と機能を併せて検討してみては如何でしょうか?

JETBOY


この記事を書いた人
ライターネーム:Zukke 普段は、Wordpressを中心にブログを更新しております。経済関係や、仕事術関係の内容をメインに更新しております。自分でWordpressを運営していく上でレンタルサーバーはやはりかかせません。これだけ安く便利なサーバーが出てきたら嬉しい限りですね〜