ドメインの評価にサーバーが影響するのはどんな時か

ドメインの評価項目のうち、サーバー側でできることは表示スピード・反応スピードの改善、セキュリティの強さくらいです。コンテンツやデータはユーザーでなんとかするしかないので、この2つに特化した優秀なサーバーはドメイン評価にプラスに働くのを助けてくれます。サーバー選びだけで完ぺきになることはありません。

 

乗っ取り被害にあった場合

比較的多いのが、サイトが乗っ取り被害にあってしまった場合です。更新をしていなかったり、セキュリティ対策が不十分だったりすると、サイト内に怪しいページを設置されたり、変な記事を更新されたりして、悪質なリンクやフィッシング詐欺ページに飛ばされてしまうリンクが入っているというような場合があります。

 

管理者不在はマイナスになる

こうした乗っ取り被害にあうと、当然そのサイト、また、ドメインはフィッシングを行っていると認識されるため、管理者がやっていなくても、管理不行き届きとしてマイナス評価を受けます。当然、最近はそうした乗っ取り被害を許す事が多いサーバーは、同じくサーバーごとマイナス評価を食らうことがあります。

 

危険なリンクを貼り付けることを許しているというのが、他から見た客観的な感覚ですので、仕方がありません。サイトの管理者、サービス提供者側でも注意して、サーバー側でも注意しないと完全に防ぐことはできないです。悪質なリンクやリダイレクトがない乗っ取りだった場合は、そこまでドメイン評価は落ちません。

 

サーバープランに見合わない数のサイトを入れる

サーバーのプランによって、さばける同時アクセス数や、保管できるデータ容量に差があります。熱意のある方ほど、どんどんドメインを取得して、サーバーに入れていくのですが、一つのサイトを動かすのに必要なRAMという処理能力がサーバープランによって制限されるため、RAMの限界を超えてサイト(ドメイン)を入れても十分なパフォーマンスが期待できません。

 

部分的に静的HTMLに置き換えるといいかも

WordPressでサイトを構成していく場合は、既に完成していて編集する必要がない記事に関してはHTMLとCSSだけで出力できるようにして、静的な状態にするとサーバーへの負荷が減り、表示速度がアップします。いつでもPHPで動的に表示させているとサーバー負荷が大きく、いずれ無理が出てきます。

 

表示速度や反応速度が落ちるとドメインの評価が下がることがあります。それぞれのブラウザ側でタイムアウトが発生するほどに読み込みが遅いとドメインの評価は確実に下がります。ドメインの評価が下がらないように、適切なサーバープランを選ぶ必要がありますが、この兼ね合いを調整するのは少し難しいため、オーバースペックくらいのサーバーのほうが安心です。

 

不正なサイトを取り締まっていない

サーバー各社は、運営して良いサイトとダメなサイトを規約に書いています。アダルトなどはアクセス数は驚くほど多くなるので、一般的なサイトに比べると高スペックな要件が必要です。一般サイトでアダルトを運営されるとスペック面で無理があるので、もし規約違反があった場合はサーバー側で規約に従って処分しないといけません。

 

この不正なサイトの取締をしていないサーバーも実は多く、著作権侵害を許している事が多いサーバーにドメインを置いておけば、当然クローラーや評価機構からはマイナス評価を受けます。不正をしていてもおかしくないサーバーより、不正を厳しく取り締まっているサーバーのほうが安心して任せられるのは当然です。

 

多少息苦しくても、きちんと規約を守っているサーバーを選ぶというのも大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA