Webサイト構築に便利なCMSが利用できるサーバー比較

Webサイト構築に便利なCMSが利用できるサーバー比較

インターネット黎明期では、ホームページやブログなどのWebサイトを公開、運営しようとした場合、かなり専門的な知識が必要でした。

例えば、HTMLやCSSといったホームページを作成するための言語(マークアップ言語)や、JavaScriptやPHPといったプログラム言語などの学習コストは大きいものがありました

それが、コンテンツマネジメントシステムCMSが普及したことによって、それほど高度な専門知識が無くても、Webサイトの運営が以前より遥かに簡単に出来るようになりました。

そこで本記事では、CMSに関する現状や、CMSによるサイト運営におすすめのサーバーを紹介していきます。

CMSを導入する背景

CMSを導入するメリットとして、専門知識がなくてもブログやホームページなどを効率的に更新できるということは非常に大きいです。

特にWebサイトで収益をあげるなどという目的が合った場合、無料ブログなどのサービスを利用することが考えられます。

この場合制約がかなり大きいため、自身でドメインやレンタルサーバーを借り、自身でWebサイトを運用することはほぼ必須となっています。

HTMLやCSSといったマークアップ言語を知らずに、Webサイトを運用するようなことを考えた場合、CMS導入が必須といっても過言ではありません。

デメリットとしては、CMSの使い方を覚える必要がある点ですが、HTMLやCSSなどのマークアップ言語を覚えることに比べると、遥かに簡単です。

パソコンが使える人であれば、マウスやキーボードを使って直感的に使えるので、それほど苦労を要しないでしょう。

CMSの種類

CMSといってもいくつか種類があるのですが、ここでは代表的なCMSを紹介します。

WordPress

無料で使える代表的なCMSソフトです。一般的にはブログ用と言われていますが、WordPressは無料、有料などのプラグイン(機能追加)が豊富に提供されており、プラグインの利用によって、ブログ以外のWebサイトなど様々な展開が可能になっています。

GPLというライセンス形態であるために、WordPress自体は無料で利用できることもあり、非常に多くの人に利用されています。

Joomla!

ブログ用のCMSソフトとしては、WordPressに次ぐ2番目に利用者が多いCMSです。

カスタマイズ性が高く、機能追加も難しくないのが特徴です。Joomla!自体は無料で利用できるのですが、カスタマイズされたものは有料で提供されているものが多く、注意が必要です。

XOOPSズープス

会員制サイトを作るためのCMSです。ポータルサイトや掲示板などのコミュニティサイトを構築できるツールです。

このXOOPSには、XOOPS Cube Legacyという派生版があるのですが、日本人ユーザーに広く指示されており、ユーザーも多いです。

またXOOPS Cube Legacy はXOOPSと互換性があり、しっかりと日本語対応がされていることから、日本語で会員制サイトを作る場合にはXOOPS Cube Legacy は非常におすすめのCMSツールです。

PukiWiki

Wikiという誰でも編集可能なサイトを作成するために使われるCMSです。

Wikiと言うと、Wikipediaというインターネットのフリー百科事典が有名ですが、誰でも編集可能(一部のページは編集不可)という特徴があります。

情報をまとめる使い方や、掲示板のように使われることがあります。

EC-CUBE

ECサイト(ネットショップ)向けのCMSです。ネットショップを利用するのであればEC-CUBEを使う人が多いCMSです。

使いやすいUIと、ネットショップに必要な機能がついているので、本格的にネットショップを利用するならおすすめのCMSです

CMSが利用できるおすすめサーバー

それでは、CMSの運用におすすめのサーバーをいくつか紹介していきますね!

エックスサーバー

エックスサーバー
エックスサーバーは、WordPress、Joomla!、XOOPS Cube、PukiWiki、EC-CUBEすべてが利用できます

その中でもWordPressとEC-CUBE、PukiWikiに関しては、レンタルサーバー上に自動インストール出来るので、初心者でも安心です。

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ
ロリポップでも複数のCMSツールが備えられており、WordPress、XOOPS Cube Legacy、PukiWiki、EC-CUBEなどが利用できるようになっています。

WordPressとEC-CUBEは自動インストール機能があり、設置も非常に簡単に出来るのが魅力です。

エックスサーバーと比べると、低料金のプランが用意されており、初めてのCMS運用にもぴったりでしょう。

hetemlヘテムル

ヘテムル
ヘムテムで利用可能なCMSはWordPress、Joomla!、EC-CUBE、XOOPSなどです。

WordPress、EC-CUBE、XOOPSは簡単インストール機能が備えられており、導入も容易に可能となっています。

ヘテムルは、エックスサーバーやロリポップ!レンタルサーバーと比べると多少専門知識が必要となることがあります。

また、価格も他のサーバーに比べて割高になることがありますが、その分サーバーが安定していることがポイントです。

さくらのレンタルサーバー

さくらサーバー
さくらのレンタルサーバーでは、WordPress、EC-CUBEなどが利用できるCMSです。またさくらでは、WordPressやEC-CUBEの高速化機能が搭載されているのも嬉しいメリットですよね!

高速化することは、サーバーのレスポンスを向上させられるので、現行のSEOにも有利です。

ただしさくらのレンタルサーバーのCMS機能は、最も低料金のプランでは利用できないので契約の際は注意が必要です。

複数のCMSが使えるレンタルサーバーを選ぶメリットは?

いくつかのCMSが備えられ、選択肢の多いレンタルサーバーを見てきましたが、色々なCMSを使い分けるというケースは多いのでしょうか?

CMSは簡単に利用できるとは言え、他社と差別化を図る、オリジナルサイトを作る、他サイトにはない機能や見せ方などを追求するのであれば、それぞれのCMSを利用するために一定レベルの知識が必要となります。

例えば大企業のように、資金も人材も豊富なのであれば、インフラやコーディングの専門家、グラフィックの専門家、またデザインの専門家など、資金を投下して多様な人材で運用可能になります。

しかし中小企業や個人の場合、時間的・資金的な制限がある場合が多いのではないでしょうか?

そう考えると、運用していく中で様々な問題に直面した際にも、その解決のための情報も豊富で、最も使われているCMSツールのWordPressによる運用は、非常におすすめと言えます。

WordPressを使いこなせるようになると、豊富なプラグインで様々な機能がほとんどは無料で追加できるようになっています。

例えば「WELCART(ウェルカート)」というプラグインを使ったネットショップを作ることや、「WP-Members Membership Plugin」というプラグインなどの使用によって、会員制サイトを作ることも可能です。

WordPressの運用に最もおすすめはJETBOYサーバー!

JETBOYサーバーは、最もシェアの高いCMS、WordPressの運用に特化したレンタルサーバーです。

現行SEO施策で非常に重要なサーバーレスポンスという点において、他社のレンタルサーバーに比べても非常に優れています

レスポンスを向上させるために、Webサーバーアプリには、最速といわれる「LiteSpeed」を、ハードウェアには「SSD」をすべてのプランで利用できるのも魅力です。

LiteSpeedやSSD自体は、他のレンタルサーバーでも導入されていますが、低料金プランを含むすべてのプランで利用できるのは、JETBOYサーバーくらいでしょう。

他のレンタルサーバーの低料金プランでは、LiteSpeedではなくApacheが、SSDではなくHDDが採用されていることもめずらしくありません。

WordPressでWebサイトを構築して運用するのであれば、現時点ではJETBOYサーバーは非常におすすめのサーバーと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA