共有サーバーとは?初心者でも分かるレンタルサーバーの種類


こんにちは!!

色々なサイトやブログを運営しているハルトです!!

今回は共有サーバーについてご紹介して行きます!!共有サーバーってなに??

って方も多いかと思いますが、共有サーバーとは1つのサーバーに複数の所有者が集まって使うサーバーの事です。

複数の所有者が使っていると言うことはアクセスが多いと負荷がかかりすぎて運営しているサイトやブログが繋がりにくくなってしまう!などと考えてしまうかと思いますが、

出典:写真AC

実際はそんな事はありません!!

個人でレンタルサーバーを使うなら基本的にこの共有サーバーがほとんどですし、しっかりとその会社がサーバーを管理していますのでよっぽど格安の共有サーバーで無ければ、大量のアクセスが来てバズったとしても繋がりにくくなることはほぼ無いです!

が!しかし!!

他のユーザーのサイトもバズりお互いでアクセスが一気に増えてしまうと繋がりにくくなる可能性はあります。

アクセスが常にあるサイトを運営するならばやはりVPSや専用サーバーを使うのが望ましいですね!

出典:写真AC

そんな色々な種類があるレンタルサーバーですが、初心者の方でも分かりやすく一つずつ紹介して行きます!!

 

・レンタルサーバーの種類について

出典:写真AC

まずはレンタルサーバーの種類ですが

さきほど上記でご紹介した共有サーバー専用サーバーCloudサーバーVPSサーバーなど4つのレンタルサーバーがあります。

会社によっては混合していたり、共有サーバーとVPSサーバーしかないレンタルサーバーなども存在します。

レンタルサーバーの種類で価格や容量、オプションやサポート体制が変わりますのでご自分のサイトやブログのアクセス規模によって変える必要があります。

ここから1つずつ各サーバーのご説明をして行きます!

・共有サーバー

共有サーバーは一番利用している方が多いレンタルサーバーです!!

なぜ一番利用している方が多いと言うと、とっつきやすくサーバーのメンテナンスの必要がなく、初心者でも扱えて、色々なプランも用意している事。

価格も他の種類のレンタルサーバーに比べて低価格で高負荷なアクセスなどが無い趣味のサイトやブログを基本的に安定した環境でサイトを運営できるからです!!

始めてWordPressでサイトやブログを使ってアフィリエイトや広告収入を得たいなど考えている方に一番オススメのレンタルサーバーですね!

 

・専用サーバー

専用サーバーとは1つのサーバーを独占して使えるサーバーの事です。

大容量のデータベースを自分だけで使えますし何より自由度があります!!

ご自身で好きなOSを入れたり、サーバーソフトの設定、アプリケーションソフトの設定などサーバーを完全に自分自身でカスタマイズできます!!

もちろんサーバーに関する知識が無ければ逆に運用する事は難しく、共有サーバーなどを使ったほうが良いですね。

専用サーバーのメリットは自由度の高さやカスタマイズにより好きな様にサーバーをコントロールする事が出来る。

逆にデメリットはサーバーに関する様々な知識がなければ専用サーバーを扱えない事です。

 

サーバーに関する知識が豊富で自由自在に自分のサーバーを使いたい方や大規模なサイトを運営したい方などに一番のオススメですね!

 

・Cloudサーバー

出典:写真AC

Cloudサーバーはクラウド上に作られたサーバーの事で、厳密に言うと実体があるレンタルサーバーでは無く、ネット上でサーバーの機能を利用できる仮想サーバーです。

自社でサーバーを用意せずにネット上でサーバーの機能を利用するのでメンテナンスの維持費などもかからずまた機能のアップグレードなどサイトやブログの状況に応じてすぐに行うことが可能です。

レンタルサーバーは基本的にプランで容量やCPUなどは決められていますので、アクセス過多により繋がらなくなる可能性がありますが、

 

Cloudサーバーならアクセスが多くなったらCPUや容量をすぐに増やす事が可能ですので自分のサーバーをすぐにコントロールしたい方などにオススメですね!

 

・VPSサーバー

VPSとはvirtual private Serverの略であり、仕組みは共有サーバーのように複数の所有者と同じサーバーの中に自分だけの仮想サーバーを作る事ができるレンタルサーバーです。

簡単に言いますと専用サーバーと共有サーバーの良いとこ取りをしたハイブリッド式になります。

自由度は専用サーバーより高くはありませんが、共有サーバーの中にさらに自分だけの仮想サーバーを作る事ができるので、より共有サーバーよりも安定したサーバー環境でサイト運営ができるのです。

専用サーバーとは何が違うのか?

専用サーバーは仮想サーバーでは無く完全に実体を持った物理的なサーバーです。

よってより高い負荷やCPUを搭載することが可能なのです。

仮想サーバーはネットワーク上に作り出したサーバーですので、専用サーバーに比べるとCPUや容量などの面でも劣っています。

VPSサーバーは共有サーバーではサイト運営が心配な人であまりサーバーに関する知識を持っていない人などに特にオススメですね!!

 

・まとめ

出典:写真AC

共有サーバーや他の種類のレンタルサーバーの違いについていかがでしたでしょうか??

ここではいままでご紹介した共有サーバーや他の種類のレンタルサーバーのポイントをまとめます。

・共有サーバーはWordPressを使ってブログやサイトを運営したい方にオススメ!

・VPSサーバーはVPSサーバーは共有サーバーではサイト運営が心配な人であまりサーバーに関する知識を持っていない人などに特にオススメですね!!

・CloudサーバーCloudサーバーならアクセスが多くなったらCPUや容量をすぐに増やす事が可能ですので自分のサーバーをすぐにコントロールしたい方などにオススメです

・専用サーバーはサーバーに関する知識が豊富で自由自在に自分のサーバーを使いたい方や大規模なサイトを運営したい方などに一番のオススメですね!

ざっと自分が扱うサイトやブログの運営スタイルでどのレンタルサーバーを借りて良いのか一目瞭然かと思います!!

ご自身のブログのスタイルを見極めて自分のサイトに合ったレンタルサーバーを借りてみて下さいね♪

 

ちなみに僕が自分でも使っていて非常にオススメなのが共有サーバーでありながらクラウド型サーバで仮想サーバーを作り出せるハイブリッド型のレンタルサーバーである

JETBOYをオススメします!!

機能は上記でご紹介したVPSに近いですね!

出典:JETBOY

JETBOYの魅力は・・・・・

 

何と言ってもその使い勝手の良さです!!

 

共有サーバーのように使いやすい管理画面もありますので必要な機能の設定などがすぐにわ分かります!!

またWordPressのインストールもワンタッチで出来ますのですぐに使う事が出来ます!

 そしてクラウドサーバーなのでリソース拡張が可能です!!

サイトの規模に合わせてアクセスが増えて負荷がかかりすぎてしまっても、CPUコア数、メモリ割り当てをすぐにスケールアップする事が出来ます!

他ユーザに影響されない準仮想環境OSにCloudLinuxを採用しているので自分だけの仮想領域で他のユーザーの影響を受けることも無いので安心なのも魅力です!!

これだけの機能を併せ持ちながら一番安いプランですと・・・・

 

なんと月290円で使うことが出来るのです!!

出典:ぱくたそ

共有サーバーでありながらこんなに安くてWordPressに必要な機能があるレンタルサーバーは聞いたことありませのでぜひ検討してみて下さい!!

今なら2週間無料キャンペーンを行っていますので、おためしでも使えるチャンスです!!

 

機能抜群でコストもかからないコスパ最強のレンタルサーバーはコチラ!!


この記事を書いた人
会社員のハルトです!!副業でWordPressを使ったサイトやブログを運営しながら広告収入やアフィリエイトでお小遣いを稼いでいます。
今まで様々なレンタルサーバを借りてきた経験を活かして、レンタルサーバーの違いや機能などもブログでご紹介しています。
僕と同じような会社員の方でも出来る副業なども自分のサイトで紹介したりしています。