wordpressのサーバーはもうお決まりですか?


wordpressはなぜ人気があるのか?

皆さん、何気なく見ている「http://……」という部分、一体何なのかご存知ですか?

「http」とはHyper Text Transfer Protcolの略で、ハイパーテキストとはHTMLで書かれた文書のこと。トランスファーは移動・転送。プロトコルは使用手順や約束事。つまりHTML(ハイパーテキストマークアップランゲージ)で書かれた文書を転送する使用手順・約束事ということです。皆さんが普段何気なくインターネットで閲覧しているページはすべて、HTML文書ということです。したがって、HTMLだけでホームページやブログを作成することは可能です。

しかし、HTMLだけでは飾り気のない文字だけのページになってしまいます。そこでCSS(Cascading Style Sheets)でおしゃれに飾ります。しかしHTML/CSSだけで作成した場合、飾りは統一できても、記事に関しては、記事ごとにHTMLファイルを作成しなければなりません。記事が少ないならばなんとかなりますが、増えてくると管理が大変になってきます。

そこでもっと誰でも簡単に管理できるようにしようと登場したのが、CMS(Contents Management System)です。無料ブログサービスやwordpressなどもその一つです。したがって、記事ごとにHTMLファイルを作成する必要はありませんし、画像の管理も簡単に行うことが出来ます。

そんなwordpressの特徴として、管理画面での管理のしやすさ、豊富なテーマやプラグイン、カスタマイズの自由度(無料ブログではある程度の制限がある)が挙げられます。そのおかげで、おしゃれなデザインのホームページやブログを簡単に作成できますし、SNSとの連携、SEO対策もしやすいです(私は最大のSEO対策は誰かの役に立つことだと考えています。したがって良質のコンテンツを見つけやすく、見やすくすることが対策になると考えています)また、自身のデザインを使いたい場合、子テーマを用いることで実現が可能になります。

wordpressを使うなら

これからホームページを作ったり、ブログを始めようとお考え、その際wordpressを使いたいとお考えの方も多いかと思います。しかしwordpressを使うとなると、ある程度知っておかなければならないことがあります。

まず最初に知っておくべきことは、「無料ブログとは違い、独自ドメインの取得・サーバーとの契約が必要である」ということです。つまり維持費がかかるということ。一部無料でwordpressを使うことができるレンタルサーバーもありますが、その場合、サーバー指定の広告が入るため、実際にはボランティアでサービス事業者の広告塔の役割も担うことになります。したがって、自分だけのホームページやブログを持ちたい場合、独自ドメインの取得は必須となります。まずは本当にwordpressを使う必要があるかどうかを考えてみましょう。wordpressを使ったからといって、必ずPV(ページビュー)が上がるということはありませんし、夢のアフィリエイト生活ができるようになるわけではありません。

独自ドメインについて

ドメインとは、いわばインターネット上の「住所」兼「屋号」のようなもので、残念ながら先に誰かが使っている場合は使うことができません。逆に言うならば、世界で一つだけの住所であり屋号となるわけです。このことから独自ドメインと言われています。
最も古くからあるドメインは

  • commercialの略で本来は商用ですが特に制限のない「.com」
  • ネットワーク用の「.net」
  • 非営利活動用の「.org」

です。その他「.co.jp」「.jp」「.info」「.mobi」など様々あります。「.co.jp」と「.jp」は日本用です。違いは法人か法人でないかということです。最近では「.red」「.blue」といったカラードメインというもあるようです。ドメインによって価格に若干の違いはありますが、取得と更新で大体年間2000〜4000円ほどの費用がかかります。予算と用途、好みで選びましょう。

サーバーについて

wordpressを公開するには、プログラミングの知識があり、自宅サーバーを構築していない限り、どこかのサーバーを借りなければいけません。サーバーには共有型ホスティング、VPS,クラウドタイプなどがありますが、プログラミングの知識がない場合、共有型ホスティングタイプ、一般的に言われているレンタルサーバーと契約することになります。

共有型ホスティングとは、サービス事業者が準備したサーバーを契約者たちが共同で使うタイプのサーバーです。

VPSとはヴァーチャルプライベートサーバーの略で、共有型ホスティングとは違い、各々がOSからを自由に選ぶことができるので、自由度が高い分、セキュリティ対策も含め、自己責任の度合いが高いので、プログラミング知識が必要です。

クラウドタイプは、VPS同様プログラミングの知識が必要で、料金も時間で課金されるので、ある程度慣れていないと高額な請求がくる恐れもあります。

何に着目して選ぶべきか

先ほど申し上げたように、サーバーがなければ、wordpressを公開・運用できません。そこでサービス事業者を探し始めることになります。

初めてwordpressを使用する場合、例えば本を購入し、そこに書いてあるとおりにwordpressを始めようと考える方は、その本の中で紹介されているサーバーを使おうと考えるでしょう。その場合、紹介されているサーバーはロリポップ・さくら・エックスサーバーなどがよく取り上げられていると思います。各社とも実績のある会社なので問題なく使えます。

また本ではなくwordpressを使おうと考えている方が検索する場合、おそらくサーバー比較サイトを目にすることになります。すると上記のサーバー以外にも様々なサーバーがあり迷ってしまう場合があります。また各社のホームページを調べに行っても、初めての場合、分からない言葉も多々あると思います。例えばマルチドメイン・MySQL・SSL・CRONなど。と言うのも、数年前、基礎知識もないのにwordpressを使い始めた私自身が上記のような状態になった経験があるからです(現在はPythonを中心にプログラミングにどっぷりハマっています)。

そこでまず以下のことに着目して何社かに絞ってみましょう。

  • 予算にあったプラン(初期費用・維持費)
  • 安全性・セキュリティ・バックアップ
  • サポート体制

末長く運用しようとお考えの場合、維持費を考えることは大切です。私の場合、維持費の問題で自身のwebサイトを閉鎖した経験があります。その時はやはり、プランに対してコンテンツが見合わなかったんだろうなぁと思います。小さく始めて徐々に大きくしていくという考え方がいいと思います。
したがって、wordpressを始める時は

コンテンツの未来に対して過度な期待を抱かない。

    なるべく安く、安全で、サポートがしっかりしているサーバーを選ぶこと。

が大切です。

次にCPUの性能、HDD・SSDなどのストレージなど性能を見ていきましょう。
高性能ばかりを求めすぎてもあまり意味はありません。性能に関しては上限がありません。なぜなら、お金をかければかけるほど高性能になるからです。
最近のレンタルサーバーはHDDよりも高速なSSDを使用しているところが大半です。CPUの性能については、GB数が高いほど処理能力が高いのでいいわけですが、性能の数字を見ても実際どのぐらいなのかが、実は実際運用経験がないとあまり分からないものです。各社のプランをそれぞれ見てみたところ、JETBOYレンタルサーバーのプラン紹介にはプランごとのPVの目安がちゃんと記載されており、初めての方に分かりやすい表示の仕方でした。

実はJETBOYレンタルサーバー、私がwordpressを使用していた当初はまだありませんでした。平成25年創立の株式会社ライムテックがサービスを提供しているようです。

ちょっとしたことではありますが、各社とも料金の安さ・性能の良さばかりが全面に押し出されている中で、この部分に気づき、表示しているということは、初めての方に近い目線でサービスを展開している会社なのではないかという印象を受けました。

せっかくなので、サポート体制はどうなのか見てみますと、設定代行サービス・メールでのサポート・自動バックアップもあるので特に問題はないようです。料金を見てみると非常にお手頃価格です。そして性能のほうに目を移したところ、驚きなことがありました。通常、wordpressなど何かしらサイトを公開する場合、webサーバー(Apache、Nginxなど)というものが必要になります。もちろんサーバー側のお話ですが。簡単にいうと「あのページが見たい」と思っている人と「ページ」をつなぐためのものですが、多くの方が同時に同じページを見たいと考え、同時にアクセスしてきた場合、表示が遅れたり、表示されなかったりする場合があります。これは公開している側にとっても閲覧する側にとっても不利益なことです。その処理が上手なwebサーバーがNginxだったのですが、それよりもすばやく処理し、世界で一番使われているApacheとの互換性もあり、最近注目されているLitespeedというwebサーバーをJETBOYレンタルサーバーは使用しているようです。

Litespeed web server(以後LSWS)公式ホームページ(英語)の紹介を掻い摘んで書きますと、

LSWSは軽量で、イベントドリブンアーキテクチャによって、Apacheの最大容量を倍増させメモリ消費量とCPU使用率を最小限に抑えて、何千もの同時クライアントを処理できる。Apacheの設定ファイルを直接ロードすることができる。サーバーの負荷を半減させ、TTFB(Time To First Byte)を3倍向上させる

というようなことが書かれています。内容は専門的なことなので、軽く説明だけしておきます。

イベントドリブンとは、ユーザーや他のプログラムが実行した操作(イベント)に対応して処理を行い、イベントがない時は待機状態になっているプログラムのことで、プログラミングの世界では並行処理(同時に複数の処理をする)で使用します。先に挙げたNginxはこの設計に従っています。

アーキテクチャは基本設計のこと。

TTFB(Time To First Byte)とは、Webサーバーにリクエストを行なった(あるページを閲覧しようとする際、URLを打ち込むか検索してそのページを表示します。それは公開しているサーバーに「そのページ見せて」とリクエストしていることになります)際に「サーバーから返ってきた最初の1バイト」のこと。サーバーがリクエストを受け取り、データを返し始めるまでの時間を計測することができる指標となります。

そのようなTTFBが3倍も向上するような高速なwebサーバーを使用しているということは、JETBOYレンタルサーバー

「ページを公開する側・見る側が困らないようにしっかり対策をしている」

ということになります。

wordpress特化のサーバーのため、wordpressの良さを最大限に引き出すための選択かと思われます。また現在wordpressで運用している方もスムーズに移管できるという点、スケールアップのためのプラン移行も簡単に行えるという点から、これからwordpressのためのサーバーの定番になるような予感がします。興味のある方はぜひ一度JETBOYレンタルサーバーのプラン・性能等を見てみてください。

wordpressを始めるあなたへ

以上のようなことを踏まえ、wordpressを始めようとお考えになったあなた。せっかくやるならば末永く運用しましょう。無理せず、自分の予算、プラン等々に合ったサーバーと契約しましょう。まずは一つ、良いコンテンツ、役立つコンテンツを作りましょう。そして勉強し、徐々に分からないことを減らして行きましょう。分からなかった用語が理解できてくると、サーバーの違いがハッキリしてきますし、あなたのwebサイトもより充実すること間違いなしです。


この記事を書いた人
筆者:masahiko
HTML/CSSやwordpressに興味を持ったことをきっかけにプログラミングに興味を持ち始める。
現在はPythonをメインに日々勉強・開発中(フレームワークはFlaskメイン)。