WordPressを始める方へ。レンタルサーバーの選び方とおすすめ


これから、WordPressで、ブログやHPを作ろうと思っているあなた。
WordPressを使うには、まず、サーバーを用意しなければいけませんよね。

今回は、WordPressに最適な、おすすめのレンタルサーバーをご紹介します。

が、ただ私のおすすめを紹介するだけでは、「なんでそれがおすすめなの?」「本当にそのサーバーいいの?」
と思う方もいらっしゃるでしょう。

なので、
・WordPress用レンタルサーバーが満たしておくべき条件
・おすすめ!!ネットで人気のWordPress用レンタルサーバー比較
・私おすすめのレンタルサーバー
の3点について書きました。

WordPressの導入はすっごく簡単なので、早く導入して、ブログやサイト構築を楽しみましょう:)

 

WordPress用レンタルサーバーが満たしておくべき条件

WordPress用のレンタルサーバーは、いくつか、満たしておくべき条件があります。
まずは、そちらをご紹介。
全部で4つです。

1.WordPressが簡単にインストールできる

WordPressを自力でサーバーにインストールしようと思うと、かなり面倒な作業が必要になります。

まずWordPressをダウンロードして、FTPクライアントを用意してWordPressをサーバーにアップロードし、データベースを用意して、WordPressの初期設定をしなければいけません。
[初めてのWordPress-まずはWordPressをローカルにインストール-] ↑こちらの記事に、WordPressを1からインストールする方法が書いてありますが、読むだけでアタマが痛くなってくる方もいるのでは?笑
こちらの記事の下の方には、インストールにつまづいた方々の質問とその回答がズラッと並んでいます。

 

このように、文章にすると2行分ですが、この作業を、戸惑わずにスンナリ完了できる人は少ないでしょう。
私は、初見でこの辺りの作業をやってみたのですが、FTPクライアントの時点で盛大につまづき、
2時間以上苦戦しました。。

なので、WordPressを簡単にインストールできる機能は、必須です。

 

2.処理速度・転送量・ディスク容量が十分である

これはWordPressに限ったことではありませんが、基本的な性能は重要です。

処理速度が遅いと、なかなかページが読み込めず、せっかく来てくれたユーザーが内容を見ずに立ち去ってしまいます。
皆さんも、あまりに表示速度が遅いと、「別のサイトもあるし」ってことで、読まずに別のサイトを探すことってありますよね?
そういうことです。

また、作ったブログやHPに、たくさんのユーザーを呼び込みたいのであれば、転送量も重要です。
転送量は、ユーザーがサイトを訪れた際に、ユーザーの元にデータ(記事内の文章や画像)を転送する量です。
この転送量は、各サーバーによって1日どれだけという制限が設けられていて、この制限を超えると、ページが表示できなくなってしまいます

そして、そこそこの期間、サイトの更新を続けていきたいのであれば、サーバーのディスク容量(ストレージ)も十分になければいけません。
テキストばかりの記事を更新するつもりでも、そもそもWordPressは、サイトのデザインデータやシステムデータ、プラグインのデータも、サーバーに保存するので、意外にデータが大きくなります。
もちろん、ディスク容量を超えるデータは保存できません。

 

これらの基本的な性能は、言わずもがなですが、重要なポイントとして、見なければいけません。

 

3.セキュリティが強固である

WordPressは、最もユーザーの多いブログ作成プラットフォームなので、ユーザーを狙った悪質なウイルス攻撃がたまに起こります。

セキュリティ面がしっかりしたサーバーでないと、ウイルスによって、せっかく作ったサイトが消えてしまうばかりか、パソコン自体にウイルスが侵入してしまうことも考えられます。

 

ここで注意なのが、格安レンタルサーバーと呼ばれるものです。
あれは非常に安いですが、正直、「安かろう悪かろう」なんですよね。

1つ、セキュリティの面で、実際にあった大規模な事件を挙げておきましょう。
ロリポップのレンタルサーバーがハッキングに合い、8,000以上のサイトが改ざんされたという例があります。
詳しくはロリポップのこのページをご覧ください。

ロリポップは非常に有名で人気のサーバーですが、格安のレンタルサーバーなので、どうしてもこういう被害と隣り合わせになっているわけですね。

ロリポップについても、次の「おすすめ!!ネットで人気のWordPress用レンタルサーバー」の項で紹介していますので、
ご覧ください。

もちろん、こういったセキュリティの甘さに関する注意は、ロリポップに限った話ではありません
検討する際は、こういうこともあるのだというとを頭に入れておくようにしましょう:)

 

4.MySQLやマルチドメインの数が十分である

独自ドメインを複数使用できることを、マルチドメインと言います。
なので、使用できるマルチドメインの数、すなわち運営できるサイトの数です。

また、MySQLについてですが、これは、WordPressのデータを保存する、データベースのことです。
1つでも、複数のサイトを運営することもできないではないですが、やはり、サイトの数だけMySQLを用意しておくのが、安心です。

MySQL1つで複数のWordPressを管理しようとすると、どうしても重たくなり、サイトの表示が遅くなります
表示速度が遅ければユーザーは立ち去ってしまうので、ここも、きちんと運営するサイト分のMySQLを確保するようにしましょう:)

 

おすすめ!人気のワードプレス用レンタルサーバー比較

さて、ワードプレス用レンタルサーバーが満たすべき条件はクリアですか?
続いて、ネット上で人気のレンタルサーバーの評価・比較をしていきます。

各サーバーについて、基本情報として

  • 初期費用
  • 月額料金
  • 転送量
  • ディスク容量
  • マルチドメインの数
  • MySQLの数

6項目を示し、加えて、強みや弱みなどのポイントを簡潔に添えておきます。

 

評価するレンタルサーバーは7つです。
どれも人気で選りすぐりのレンタルサーバーなので、「自分に合うのはどんなサーバーかな〜?」と、考えながら見てもらえたらと思います。

 

☆各サーバー、基本情報は、最もスタンダードなプラン(個人向け)について示しています。

1.Xサーバー(X10プラン)

出典:公式サイト

  • 初期費用:3,024円
  • 月額料金:1,080円
  • 転送量:70GB/日
  • ディスク容量:200GB
  • マルチドメイン:無制限
  • MySQL:50個

多くのサイトで、人気No,1を誇っているレンタルサーバーが、XサーバーのX10プランです。

人気の理由は、機能の高さとサポートの充実性です。
大容量のメモリを搭載しているため、処理速度も非常に速く、1日あたりの転送量も70GBあるので、月にざっくり100万PVくらいまでなら、対応できるでしょう。

また、WordPressのインストールがワンクリックでできるため、WordPress用のレンタルサーバーとしては、申し分ない性能ですね。

サポート体制も充実しており、問い合わせの電話の対応が非常に丁寧です。
メールの問い合わせへの対応も非常に迅速で、朝に送ったら夕方には届くようです。

 

ただ、「趣味程度でブログをやりたいんだけど…」という方には、月額1,000円というのは少しハードルが高いかと思います。
そういう意味では、長期的に、腰を据えてサイト運営をしたい方におすすめのレンタルサーバーであります。

 

2.さくらサーバー(スタンダードプラン)

出典:公式サイト

  • 初期費用:1,029円
  • 月額料金:515円
  • 転送量:80GB/日
  • ディスク容量:100GB
  • マルチドメイン:20個
  • MySQL:20個

さくらサーバーは、安さと、幅広く対応できるプランの多さが特徴です。

月額515円という安さで、転送量は非常に多い80GB。(これ、めちゃくちゃ多いです!)
なので、一気にアクセスが集中しても安定した性能を発揮してくれます。

WordPressのインストールはワンクリックでできますが、データベースは自分で先に用意しておかなければいけません
この点が、WordPressを使う方にとってはマイナス要素となりそうです。

安さと安定感を求める方におすすめのレンタルサーバーです。

 

3.ロリポップ(スタンダードプラン)

出典:公式サイト

  • 初期費用:1,620円
  • 月額料金:540円(6ヶ月以上の契約の場合)
  • 転送量:100GB/日
  • ディスク容量:120GB
  • マルチドメイン:100個
  • MySQL:30個

ロリポップのレンタルサーバーは、安さとサポートがウリです。

性能としては、正直、心もとない部分はありますが、安さと管理画面のUIのわかりやすさ、そして丁寧なサポートやマニュアルがあるので、初心者の方も安心して使えるレンタルサーバーとなっています。

転送量が100GBと非常に多いのですが、そもそもサーバーの処理能力があまり高くないので、アクセス集中に強いというわけではありません。
(サーバーのスペックに関しては明記されていないのですが、「明記していない」という時点で、他のレンタルサーバーに見劣りするレベルのものであると考えるのが自然であります。)
(ロリポップの転送量の多さは、画像を大量に含むような、重たいサイトの表示に強いです。)

WordPressの自動インストールに対応しており、マニュアルもあるので、簡単にインストールができます。

とにかく安くてわかりやすく、簡単に扱えるレンタルサーバーを探している方におすすめです。
(ただ、先述したような、セキュリティの甘さから起こった事件もあるということは、忘れてはいけません)

 

 

4.お名前.com(SD-11)

出典:公式サイト

  • 初期費用:無料
  • 月額料金:972円
  • 転送量:(無制限)
  • ディスク容量:200GB
  • マルチドメイン:無制限
  • MySQL:無制限

ドメインで超有名な「お名前.com」のレンタルサーバーです。

ディスク容量が200GBマルチドメイン・MySQLが無制限とモリモリである上に、初期費用は無料月額料金も1000円を切るという、すばらしい内容となっています。

転送量は公開されていませんでしたが、

こんなQ&Aがありましたので、無制限と言ってよいでしょう。
(出典:お名前.com ヘルプ/サポート

ここまで見ると、めちゃくちゃ優秀なレンタルサーバーですね!
もちろん優秀ではあるのですが、やはり、処理性能の面が若干不安です。

サーバーの性能そのものに加え、共用サーバーであるため、負荷がかかると処理が追いつかなくなってしまうことも

WordPressのインストールはワンクリックで簡単にできますし、電話のサポートが24時間対応なので、初心者の方には非常に優しいです。

プラン設定が頭3つ分ほど抜けてすばらしく、サポート体制も完璧ですが、画像をたくさん使った重ためのサイトを運用するのは少し不安でしょう。

テキスト中心で軽めのサイトを運用する方におすすめです。

 

5.ヘテムル

出典:公式サイト

  • 初期費用:4,266円
  • 月額料金:1,620円(1年契約の場合)(2年契約で1,485円、3年契約で1,080円)
  • 転送量:120GB/日
  • ディスク容量:256GB
  • マルチドメイン:無制限
  • MySQL:100個

 

ヘテムルのレンタルサーバーは、転送量・ディスク容量が大容量で、MySQLも100個と、本気でサイトをたくさん運営したい人にターゲティングしたサーバーです。

ストレージ(ディスク)は全てSSDが使われているので、画像や動画もたくさんアップロードできます。

WordPressは、管理画面からワンクリックでインストールできます。

ただ、性能(スペック含む)がいい分、初期費用も月額料金もしっかりです。笑
3年契約であれば月額1,000円で使えるので、XサーバーのX10プランと同じ料金で少しいい条件になりますが、初めてのレンタルサーバーで月額1,000円の3年契約をするというのは、気持ち的に、ハードルが高いかなと思います。

なので、最初から本気で長期的にサイト運営をしようと思っている方か、現在他の安いレンタルサーバーを使っていて、「そろそろ本気でやってみようかな」と思っている方の移行におすすめです。

 

6.ファイアバード

出典:公式サイト

  • 初期費用:2,160円
  • 月額料金:540円
  • 転送量:300GB/月(←1日あたりではないので注意!!)
  • ディスク容量:256GB
  • マルチドメイン:無制限
  • MySQL:10個

ファイアバードのレンタルサーバーは、非常に安く、その割にディスク容量が多いのと、マルチドメインが無制限に使えるのが特徴です。

ただ、MySQLは10個までなので、MySQLを必要とするWordPressなどのサイトは、10個までしか運営できません
1MySQL1サイトが基本ですからね。

また、転送量が300GB/月で、1日あたりに換算するとたったの10GBしか許容されていません。
これは少ないですね。

もちろん、WordPressのワンクリックインストールには対応しています。

PV数はそこまで気にしないけど、凝ったデザインや画像をいっぱい入れたい!という方は、ディスク容量の多いファイアバードを、そこまで重たいサイトを運営するつもりではなく、PV数を重視するという方には、同価格帯で転送量が多いロッリポップをおすすめします。

 

7.ミニバード

出典:公式サイト

  • 初期費用:1,620円
  • 月額料金:270円
  • 転送量:150GB/月(←1日あたりではないので注意!!)
  • ディスク容量:50GB
  • マルチドメイン:50個
  • MySQL:5個

ミニバードは、1つ前に紹介したファイアバードの廉価版です。
最大の特徴は、月270円という安さでMySQLが5つまで使えるというコスパのよさです。

ディスク容量は50GBですが、テキスト中心のサイトであれば、サイトを複数運営することも余裕でできます。

もちろん、転送量もディスク容量も、「270円にしてはかなりいい」ということなので、長期的にきちんとサイト運営をしていきたい方には向いていません。(とりあえず試してみるのはありです!)

スペック・機能としては必要十分なので、「とりあえず気軽にWordPressでサイト運営してみたい!」という方におすすめなレンタルサーバーです。

 

 

私おすすめのレンタルサーバー

さて、ネット上で人気のレンタルサーバーを紹介しましたが、この記事の本旨はあくまで、私のおすすめを紹介することでした:)

他のレンタルサーバーの紹介が長くなってしまいましたが、最後に、私のおすすめを紹介します。

 

JETBOYレンタルサーバー

出典:公式サイト

 

私のおすすめは”JETBOYのレンタルサーバー”なんですが、こちらに関しては、3つのプランを紹介させていただきます。
細かめに設定されているもので、すみません。

 

※以下のプランは全て、絶対おすすめの1年契約の場合の設定になります。
3ヶ月契約/6ヶ月契約/9ヶ月契約の場合、初期費用がかかり、月額料金が少し変わります。

ミニSSDプラン

  • 初期費用:無料
  • 月額料金:882円
  • 転送量:無制限
  • ディスク容量:20GB
  • マルチドメイン:無制限
  • MySQL:10個

 

ファーストSSDプラン

  • 初期費用:無料
  • 月額料金:1,782円
  • 転送量:無制限
  • ディスク容量:40GB
  • マルチドメイン:無制限
  • MySQL:20個

 

スタンダードSSDプラン

  • 初期費用:無料
  • 月額料金:2,682円
  • 転送量:無制限
  • ディスク容量:80GB
  • マルチドメイン:無制限
  • MySQL:40個

プレミアムプランというのもありますが、紹介してきたサーバーと少しベクトルが違ってくるので、ここまでにしておきます。

 

JETBOYのレンタルサーバーの強みは、「性能」「価格」「ワードプレス専用」の3点です。
1つずつ見ていきます。

 

・性能

まず、JETBOYサーバーのスペックですが、24コアCPUに128GBの大容量メモリを搭載しています。
超ハイスペックです。
また、ストレージディスクは全てSSDが標準搭載されているので、動画や画像の読み込みも高速です。

ネット上で人気のレンタルサーバーでは、1番初めに紹介したxサーバーがダントツでハイスペックでしたが、JETBOYは勝るとも劣らないスペックを誇っています。

さらに、転送量が無制限なので、大量のアクセスがあっても、高速さが失われません。
(一応、1日30GBを超えると、連絡が来る場合もあるとのことですが、それによる課金は発生せず、連絡後すぐに制限がかけられるわけではないので、実質無制限と言えるでしょう。)

 

・価格

ミニSSDプランだと882円で、このハイスペックサーバーを使えるので、コスパは抜群です。

1つ気になるのが、ディスク容量の20GBです。
Xサーバーの1,080円のプランであれば、200GB使えるので、ここはXサーバーに完全に軍配が上がりますね。

ただ、ディスク容量って以外と埋まらないんですよね。
iPhone6sの4K撮影で1分間動画を撮った場合でも、375MBだそうです。4Kですよ、4K。
(出典:「iPhone6s/6sPlus」で撮影する4K動画のデータ容量は375MB/分|gori.me
写真や動画を共有する目的のブログなんかでない限り、20GBはそう埋まりません。

ましてや、「1記事ごとに数枚写真を貼りたいなぁ」ってくらいの方であれば、余裕ありまくりです。
皆さんは、どれくらいディスク容量を使いそうですか?

 

他の2つのプランですが、最初はミニSSDプランで契約して、ディスク容量が足りなくなってきたら1つ上のプランにする、という感じでスケールアウトしていくのがいいと思います。
このスケールアウトもワンタッチで簡単にできるので、すごく気軽で、便利です:)

 

・WordPress専用

JETBOYのレンタルサーバーは、なんと、WordPress専用にチューニングされています。
なので、サイトの動作はより快適で、なおかつ、管理画面もわかりやすく仕上がっています。

しかも、サイトの運営に関する作業の全てをサポートしてくれる上に、初期設定やサーバーの移行などの非常に面倒くさい作業を、無料で一括代行してくれるのです。。
これは、WordPress専用だからこそできる、素晴らしいサービスですね。

WordPress初心者の方には本当に助かる仕様・サービスだと思います。

****

JETBOYのレンタルサーバーは、「運営/閲覧の快適さが欲しい!」「運営する上で面倒な作業はできるだけ省きたい!」という方におすすめのレンタルサーバーです。

どうしても大容量なディスク容量(ストレージ)が欲しい方には、おすすめしません
解像度の高い写真や動画を大量にアップしたいという場合は、ディスク容量が足りなくなってしまうので。
そういう方には、Xサーバーやお名前.comのサーバーの方がおすすめです。

 

JETBOYは私のおすすめですが、皆さんそれぞれ、求めているもの・重視する点・作業環境が違います。
なので、小さな一個人のおすすめのレンタルサーバーとして捉えていただければと思います。

一応、JETBOYの公式サイトへのリンクをもう一度貼っておきますね。
WordPressが驚くほど速くなる!ハイスペックSSDレンタルサーバー

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


この記事を書いた人
執筆者:けい

けいの経歴:
ガジェット・インターネット関連(スマホ・SIM・サーバー・ネット回線等)の記事を中心に、
あちこちで記事を書いています。
個人でも、スマホ関連のサイトや雑記ブログを運営している、インターネットと執筆が大好きな人間です:)