「バズ」「炎上」が頻発するソーシャルメディア時代に最適なレンタルサーバーの条件


レンタルサーバーを運営する上ではアクセス数に合ったプランを契約し、最適なコストで最大限の機能を活用するのが重要です。しかし、ソーシャルメディアの影響が大きい現代では、アクセス数の見積もりが極めて難しい課題となってきました。どのような解決策があり、ソーシャルメディア時代に合ったレンタルサーバーとは、どのような特徴を備えているのでしょうか。

 

  1. 「バズ」「炎上」によってサイトへの突発的なアクセスが発生するソーシャルメディア時代
  2. 他社サイトが炎上しただけで自社のサイトが利用不可能になってしまうのはなぜか?
  3. 他社の影響を切り離し、コストを維持しつつ、安定性を高める仮想化設計
  4. 仮想化設計に加え、高性能サーバー・転送量無制限のレンタルサーバーで「バズ」に備えよう

 

「バズ」「炎上」によってサイトへの突発的なアクセスが発生するソーシャルメディア時代

出典:Pixabay

昨今のWebサイト運営はソーシャルメディアの存在無しには語れません。Facebook、Twitter、LINE、Instagram、Snapchat。各種プラットフォームが利用者同士の交流を促進し、一つの話題が一瞬のうちに拡散されていきます。「いいね!」やシェアを多く獲得した話題は優先して表示される機能があるため、有名な話題がより有名になっていく仕組みになっています。

オンライン上で話題を招いたコンテンツは「バズる」現象として知られています。また、批判や議論を招いてしまう「炎上」といった事例も連日報じられています。悪い意味で用いられる炎上を知名度向上に利用してしまうような人さえもいるほどです。情報交換が簡単になったソーシャルメディア時代では、アクセス集中が頻繁に発生します。

他社サイトが炎上しただけで自社のサイトが利用不可能になってしまうのはなぜか?

出典:Pixabay

突発的なアクセス集中が起きた場合でも、正常にWebサイトを運営するのは簡単なことではありません。一般的に、Webサイトの機能・容量を見積もる場合、これまでのアクセス数や頻度を基に、コストに見合った規模で構築します。しかし、ヤフー等の大手メディアや「まとめサイト」のような場所で自社の記事が取り上げられて「バズる」現象が発生した場合、見積もりを大幅に上回るアクセスが集まってしまいます。

見積もりを大幅に上回った場合、サーバーは処理を完了させられず、Webサイトの内容を表示せずに閲覧者へエラーを返してしまいます。せっかく話題になって認知度を高めるチャンスであるにも関わらず、サイトの表示ができなければ意味がありません。

レンタルサーバーを利用している場合、この問題はさらに複雑さを増します。レンタルサーバーでは一つのサーバーを複数のWebサイトが共有している場合が多く見られます。そのため、他社サイトが「バズ」ったり、「炎上」したりした場合、自社サイトの処理も遅くなり、エラーを返してしまう可能性があるのです。

他社の影響を切り離し、コストを維持しつつ、安定性を高める仮想化設計

出典:Pixabay

レンタルサーバーで他社サイトからの影響を抑えるために考案されたのが、仮想化設計です。仮想化設計とは、一つのサーバー上で物理的に複数のサイトを運営していても、ソフトウェアの機能を使って、あたかも別々のサーバーで運用できるようになります。一つのWebサイトにアクセスが集中しても、他のWebサイトへの影響がないため、可用性を高められるのが利点です。

仮想化設計を実現する製品としてCloud Linuxが挙げられます。Cloud Linuxはデータセンター向けの仮想化技術で、高い効率とセキュリティを維持しながらレンタルサーバーを運用できる機能を備えています。コストを抑える共用サーバーの利点を活かしながら、安定性を高めるため、利用者からの支持を多数集めてきました。レンタルサーバーを含めた4000社以上の企業に利用され、2000万ものWebサイトの運用に利用されています。

仮想化設計に加え、高性能サーバー・転送量無制限のレンタルサーバーで「バズ」に備えよう

出典:Pixabay

国内で仮想化設計を実装しているレンタルサーバーの一つがJETBOYです。WordPressによるブログ運営に最適化したレンタルサーバーであり、Cloud Linuxによる仮想化設計が大きな利点です。国内大手データセンターの法人向けに利用されるような24コア48スレッドCPUを搭載したサーバーで、最大128GBメモリ、高速SSDデータベースを使って処理速度を高めています。転送量無制限なので、突発的なアクセス集中が起こっても心配ありません。

JETBOYのような最新レンタルサーバーは仮想化設計を施しているため、高負荷への対応やセキュリティなどの法人機能が、個人レベルでも使える価格帯で提供されるようになっています。ソーシャルメディア時代に大きな話題を呼んでも、そのチャンスを逃さないよう、高性能なレンタルサーバーの利用を検討してみてはいかがでしょうか。


この記事を書いた人
佐藤隆之
大手ITベンダーでITコンサルタント及びソフトウェア開発者として勤務後、海外MBAを取得。海外ITベンチャー企業の元CTO(最高技術責任者)。現在は技術開発を担当すると共に、コンサルタントとしてWebマーケティングやビジネスモデル分析、新規事業開発を専門とする。Webメディアへの寄稿多数。